※STORES.jpのみ代引き可能です

【南極クリルオイルGPC】

メーカー ロイヤルジャパン
商品名 南極クリルオイルGPC
用途 黒胡麻&黒酢・もろみ・醗酵黒タマネギ加工食品
容量 4粒×30袋
全成分

クリルオイル、DHA含有精製魚油、EPA含有精製魚油、ハープシールオイル、(酸化防止剤 ビタミンE・カテキン)、グリセロホスホコリン(GPC)、ホスファチジルセリン(PS)含有リン脂質(大豆由来)馬鈴薯ウデンプン・セリン、ビタミンE、葉酸、ミツロウ、ゼラチン、グリセリン

商品説明

人生100年 健康100年

健康は財産

認知症やうつ病予防に!!

EPAはエイコサペンタエン酸という魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸で、すじこ、ハマチ、イワシなど魚に多く含まれています。

EPAは必須脂肪酸と呼ばれるαリノレン酸から体内でつくられますが、EPAを直接食品からとる事もとても大切とされています。

肉中心の生活を送る現代人に、魚を食べバランスよい食生活を送りましょうというメッセージとともに、毎月の肉の日(29日)の翌日(30日)がEPAの日として登録されています。

栄養機能食品とは、国が安全性や有効性を考慮して設定した規格基準等を満たした食品で、医薬品と一般食品の中間に位置づけたものです。

1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合しており、からだの健全な成長や発達、健康維持に必要な栄養成分の補給・補完を目的とした食品です。

現在、栄養機能食品として表示できる成分として、ミネラル5種類(カルシウム、亜鉛、銅、マグネシウム、鉄)、ビタミン12種類(ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、葉酸)の規格基準が定められています。

栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。

「ビタミンE」の場合は下記の通りです。

栄養機能表示:抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:2.4-150mg

栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):8mg

DHAとは、ドコサヘキサエン酸のこと。

DHAは魚の脂肪に多く含まれる不飽和脂肪酸です。すじこ、ハマチ、イワシなどに多く含まれています。

DHAは体内でつくることができない必須脂肪酸で食品からとらなければならない栄養素です。

DPAは、青魚やアザラシの脂に含まれる成分でω-3系の脂肪酸です。DPAは、人間が本来持っている機能を助けます。

葉酸はビタミンB群の仲間で、ビタミンB2複合体のひとつ。ビタミンMともよばれています。B12とともに造血に関係が深い水溶性のビタミンで、妊娠中、授乳中、お酒を大量に飲む方は欠乏しやすいビタミンです。妊婦は、積極的に1日400μgの葉酸をとるよう厚生労働省も推奨しています。

栄養機能食品は「身体の健全な成長、発達、健康の維持に必要な栄養成分(ビタミン・ミネラル等)の補給・補完に資する食品であり、食生活において特定の栄養成分の補給を主たる目的として表示をするもの」と定義されており、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が、国が定めた上・下限値の規格基準に適合している場合、その栄養成分の機能が表示できます。

「葉酸」の場合は下記の通りです。

栄養機能表示:赤血球の形成を助けるとともに、胎児の正常な発育に寄与する栄養素です。

注意:胎児の正常な発育に寄与する栄養素ですが、多量摂取により胎児の発育がよくなるものではありません。

栄養機能食品として表示できる一日あたりの含有量の範囲:60-200μg

栄養素等表示基準値(食品の表示に用いる栄養成分の基準値):200μg

お召し上がり方:

1日1袋4粒を目安に水等でお召し上がり下さい。

南極クリルオイルGPC